googleAnalytics(アナリティクス)の見方

こんにちは、たーくんです。

先日はSearchConsole(サーチコンソール)の数字をしっかり見ていきましょうというお話しましたけど、今日は同じGoogleから無料提供されているツールでGoogleAnalytics(アナリティクス)というのがあります。

こちらは無料とは思えないほどの高機能が付いているのと、サーチコンソールと連動させる事で検索クエリ情報なども共有できますので、サイト改善の指標になったり、流入キーワードが分かったりします。

是非、GoogleAnalyticsの指標を上手く活用し、サイト改善に役立てて頂ければと思います。

 

GoogleAnalyticsの基本的な見方

まず最初に基本的な画面の解説から進めていきます。

上記がアナリティクスの管理画面になりますが、左側に出ているレポートという部分

リアルタイム

ユーザー

集客

行動

コンバージョン

が、詳しいデータを見る事が出来ますので、アナリティクスの設定が終われば、極端な話ですが、ここだけ見ていればOKみたいな感じです。

 

設定当初は、データ収集のためそれぞれのデータも出てこない、コンバージョンに関しても数値を入力しなければ計測できないところがありますが、それぞれのデータが見れるようになれば、様々な数値が出てきますので、アナリティクスだけで結構色々な分析ができると思います。

 

では、まずホーム画面についてですが、

Googleアナリティクスホーム

現在のこのサイトの

  • ユーザー
  • セッション
  • 直帰率
  • セッション経過時間

を見る事が出来ます。

  • ユーザー数は、ユニークユーザー数
  • セッションはPV
  • 直帰率はサイトに入ってからどれだけの割合が同一ドメイン内の別ページにいく事なくサイトを離脱したか
  • セッション経過時間はサイト内滞在時間

がそれぞれで分かります。

さらに、リアルタイムにサイト内のユーザーも見ることが出来るので、この数値を見るだけで、サイトの成熟具合を計る事が出来るのでは無いでしょうか。

 

続いて、下の方には

Googleアナリティクスホーム

このサイト内のユーザーを獲得しているソース元が分かります。

トラフィックチャネルでは、

「オーガニック検索なのかダイレクトなのかその他」

ソースミディアムでは、

「Google、Yahoo!、その他」

がそれぞれ分かるようになっています。

 

続いて、

Googleアナリティクスホーム

ユーザーの動向や維持率について見ることが出来ます。

アクティブユーザーデータは、

「月別、週別、日別」のデータが折れ線グラフで表示されます。

ユーザー維持率は、

「リピーターの確認」が可能です。

 

続いて、

Googleアナリティクスホーム

ユーザーが訪問する時間、国別、デバイス別のセッション数ですが、

訪問時間が分かれば、属性のペルソナ設定に使えます。
=たとえば、お昼の時間帯に多いサイト、女性向けという事であれば、主婦の方30~40歳前後、子どもが学校の間にお昼の番組を見ながらネットサーフィン

みたいな感じに出来ると思います。

デバイス別のセッションは、

「いわゆるスマホ対策がきちんと出来ているか」

を知るのに良いでしょう。まれにパソコンからの流入が多いサイトがありますが、その場合はスマホ対策も大事ですが、パソコンから見た感じで広告の配置やコンテンツの流れがどうかを見ていくようにしましょう。

どんなデバイスでも、たーくんの場合は必ず「目視」するように心がけています。
=面倒でも、目視するほうが間違いないので、僕はそうしてます。

 

続いて、Googleアナリティクスホーム

ユーザーが流入したページとPVを知る事が出来ます。

PVが伸びているページからコンテンツの最適化をしながら、広告収入に繋がるマネタイズをするためにデータを活用するのが良いでしょう。

 

ここまでがホーム画面についての簡単な解説でして、大事なのはレポートの中身についてです。

ここからはレポートの内容について見ていきますが、まず最初は「リアルタイム」についてです。

Googleアナリティクスリアルタイムリアルタイムを押すと、

  • 概要
  • 地域
  • トラフィック
  • コンテンツ
  • イベント
  • コンバージョン

が出てきますが、これから先も紹介するそれぞれの指標についても一緒ですが、「概要」を見れば大体のデータが分かります。

それぞれの詳しい内容を見ていくために、他の指標がありますがリアルタイムについては、今この瞬間のサイト訪問者ですので、特段細かく見る必要は無いかな?

と思っていますが、それぞれ自分なりのアナリティクス改善ポイントを見つけて取り組むのも良いかと思います。

 

続いて、「ユーザー」ですが、

Googleアナリティクスユーザー

 

  • 概要
  • アクティブユーザー
  • ライフタイムバリュー
  • レポート分析
  • ユーザーエクスプローラー
  • ユーザー属性
  • インタレスト
  • 地域
  • 行動
  • テクノロジー
  • モバイル

がありますが、ここでもたーくんは概要のみでデータを把握していくようにしています。

概要の中で、

Googleアナリティクスユーザー

右上の期間、時間別(日、週、月)、そしてそれぞれの指標の3つを主にチェックしています。

ここでもユニークユーザーのセッションやPV、セッション時間、直帰率などが分かりますので、直帰率が高い場合は、コンテンツの見直しであったり、内部リンクの誘導などを検討していく必要があります。

 

続いて、「集客」についてですが、

Googleアナリティクス集客

集客したデータがここに集まってくるのですが、この中で個人的に大事なデータだと思って見ているのが、

  • すべてのトラフィック
  • SearchConsole

の2つです。

まず、すべてのトラフィックですが、どのサイトから自分のサイトに入ってきたかが分かります、またどのページに入ったかもわかりますので、どんなキーワードで自分のサイトに流入してきたかを知るきっかけになりますし、SEOの進捗を予測する事が出来ます。

次に、SearchConsoleですが、

  • ランディングページ
  • 検索クエリ

をたーくんの場合は重要視していて、ランディングページは自分のサイトに入っているページのSearchConsole情報が分かるようになっています。

(SearchConsoleのデータで言うところの検索アナリティクス内のページに該当するデータになります。)

次に検索クエリについてですが、流入キーワードと流入キーワードに関するデータが見れるようになっています。

(SearchConsoleのデータで言うところの検索アナリティクス内のクエリに該当するデータになります。)

アクセス解析で拾えない検索キーワードをここで知ることが出来ますし、ページと対策があっているのか?順位をもう少し上げたい場合に記事タイトルやコンテンツの見直しが出来ないか?

などの指標として上手に使うと良いかと思います。

 

続いて、行動ですが、

Googleアナリティクス行動

サイト内のユーザーが利用したコンテンツを表示してくれます。

また、どのページから始まったのか、ページやコンテンツをどれくらい表示されているのかも確認する事ができます。

ただ、たーくん的にはこのあとに出てくるコンバージョンと合わせて、あまり活用していないです(汗)

と言いますか、上手な活用方法というのを自分の中では確立していないところがあるので、このあたりは課題と言いますか、検証を重ねながら深めていきたいと思います。

 

続いて、「コンバージョン」ですが、

Googleアナリティクスコンバージョン

Googleアナリティクスにあらかじま目標を設定しておく事で情報が公開されます。

一般的には、

  • 資料請求
  • 購入
  • メルマガ登録

この3つを登録して、計測するのが良いと言われています。

設定は、アナリティクス設定 → ビュー → 目標の順番で設定画面まで進む事が出来ます。

是非、あなたの目標値を設定して、1クリックあたりのCPC計測などに活用すると良いかと思います。

 

以上、Googleアナリティクスには様々な指標だったり、目標設定をする事で計測する事も可能になります。

昨日も言いました通り、

計測できないものは、改善できない

ので、たーくんも一部反省をして(汗)、しっかりとアナリティクスを使いこなせるように精進したいと思います。

 

 こちらも合わせてお読み下さい。

→ SearchConsoleの活用方法について

 

それでは、そろそろ東京出張の時間ですので・・・

この辺で失礼します、今日も長文お読みいただき、有難うございました。


ブログランキングにチャレンジ!

セミリタイア、心豊かな暮らしと充実のビジネススタイルを日々模索しています♪

共感頂ける方はポチッとお願いします♪

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 


【LINE@お友だち追加でもっと濃いノウハウお伝えします♪】

↓ ↓

友だち追加


コメントを残す