マルチタスクを仕事で取り入れるのが苦手な場合

こんにちは、たーくんです。

マルチタスクって言葉聞かれた事ありますか?僕もマルチタスク派なんで超自然的にやっていたので、あえて「マルチタスクやってるわぁ・・」なんて思った事は無いんですけど(笑)

それでも、複数のタスク、プロジェクトを同時進行させる時に、マルチタスクで進行させるのって、結構たいへんですし、仕事でマルチタスクを取り入れるのって苦手・・・

と思われる方も多いかもしれません。

 

そんな時に、僕の場合ですが、

「マインドマップを拡げておいて、進捗を確認できるようにしておく」

「毎日の日誌(簡易なもので今日のTODOリストでもOK)で管理し、進捗漏れを防ぐ」

これで、マルチタスクを上手くまとめています。

 

マルチタスクと聞くと、「なんだか大変そう・・」となりますけど、飽き性の僕からすると(笑)、色々なタスクを混ぜ混ぜにしながら進める中で、それぞれのタスクが融合する事があるんですね。

そうなると、結構面白いアイデアがひらめいたりする事があるんですけど、食べ物でいえばビビンバみたいなイメージです。

キムチもあれば、ナムルもあれば、その他ひき肉など様々なものが融合して何とも言えない旨味になっていく感じ(逆に分かりにくいですかね??w)

 

とりあえず、僕の場合だと

  • アフィリエイトに関するタスク、A、B、C
  • 社会事業に関するタスクD
  • 地域事業に関するタスクE

それぞれを同時進行で走らせながら、かつ管理しやすいようにタスク管理をする、もしくはマインドマップを拡げておく事でマルチタスクを進めていきます。

 

その中で、Aの事業とBの事業を同時進行していると、「あれ?この切り口って、こっちでも使えるんじゃない??」みたいな事になってくるんですね。

そしてさらにそのアイデアを活かすと上手くいったり・・

そんな事が繰り返される中で、さらにインスピレーションが湧いてくるんですね。

僕の場合は、インスピレーションが湧くというメリットと、飽き性な自分をコントロールするために(笑)、上手くマルチタスクを使っていますが・・

 

すべてにおいて、マルチタスクを導入するものではなく、時にはシングルタスクで「一極集中」という方法を取って、一気に仕事をやり遂げる時もあります。

当たり前の話ですが、

「期限が決まっている、重要な案件」

という場合は、一極集中で他に脇目も触れずにやるんですけど、この重要な案件という定義が自分の中であって「他人に迷惑をかけない」という事を僕の場合は前提にしています。

 

自分の仕事と言っても、自分だけでなくプロジェクトに関わってくれる方(取引先とも言いますかね)もいるだろうし、従業員との連携という部分もあるでしょうし、またユーザーが待ってくれている場合もあるので・・

それらを考えた時に

「期限が決まっている、重要な案件」

という事を意識して、シングルタスクで突っ走る事があります。

 

要は、どちらが良いとかじゃなくて、僕の中では「使い分けが大事」だという事であって、別にマルチタスクが出来なくても、ちゃんと業績管理やタスク管理ができていれば問題無いと思います。

 

今回はマルチタスクやシングルタスクについて。

自分の思うところを書いてみましたが、一つの事にこだわるだけでなく、自由に思考して、自由にタスクに取りかかれば良いのでは??

と個人的な見解ですが思うところを書きました。

 

ではでは、また書きます。

いつもお読みいただき、有難うございます。


ブログランキングにチャレンジ!

セミリタイア、心豊かな暮らしと充実のビジネススタイルを日々模索しています♪

共感頂ける方はポチッとお願いします♪

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 


【LINE@お友だち追加でもっと濃いノウハウお伝えします♪】

↓ ↓

友だち追加


コメントを残す