短期間でアクセスを増やす方法で、もっとも効率が良かったのは

こんにちは、ネットで発信力UP!

WEBとSNS活用で短期ブランディングを提案しているたーくんです。

 

仕事柄、マーケティングだったり、集客という話になると、あれも出来る、これも出来る、それも出来る・・・

と引き出しを増やそうとするわけですが・・・

 

短期間で、アクセスを増やす方法で、最も効率的な方法はどれかな??という事で、SNS、SEO以外、SEOでそれぞれ検証してみました。

 

結論ですが、

SEO以外

が短期間でアクセスを増やし、ブランディングしやすいというのが、ボクの中での最適解です。

 

それぞれの方法を表をまとめたのが、以下の通りになるのですが、

SNS SEO以外 SEO
ブランディング 短期間で可能であるが、見込み客のセグメントに合わない場合に、上手く噛み合わない。 短期間で可能、読者のペルソナ設定をしっかり行い、自分自身の経験や体験を合わせる事で、短期間でブランディング可能 短期間でブランディングは難しい、検索エンジン上の評価を得るまで時間がかかる。
アクセス FacebookとInstagramは、1ヶ月程度で1,000人のアクセス、Twitterは3ヶ月程度の時間が必要 最短5日~7日で、1日100~400名程度のアクセスが集まる。 3ヶ月~6ヶ月程度、検索エンジンの評価を得るまで時間がかかるので、得られない場合は永遠にアクセスは来ない。
難易度 FacebookとInstagramは難易度低めも、アカウント停止などのリスクあり。

Twitterは凍結リスクあり。凍結すると戻せない可能性大。

難易度低い。

基本的にアクセスが集まるカテゴリーに合う記事を書けば、問題は無い。

難易度高い。

必ずしも検索順位が上位に上がらない、またロングテールアクセスを取るにも、記事更新が必要で根気が要る。

 

それぞれについて、もう少し解説を加えていくと、

SNSと言っても、様々なものがありますが、たーくんがブランディングで試した事がある方法は、

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

になります。

どれも、「情報拡散力」という点では優れていますし、国内ではFacebookは3,600万人、Instagramは2,000万人に迫る、Twitterは5,000万人近くのアカウントがあり、とてつもないユーザー数を抱えているのは確かです。

 

しかし、スパム的なアカウントの運用に対しては、どのSNSも規制をしていて、特に厳しい規制があるのがTwitterです。

Twitterは、何万、何十万というフォロワー数がいても、容赦なくスパム行為の動きが見られるアカウントは、凍結させます。

そして、凍結したアカウントを戻すのは、「ほぼ不可能」です・・

 

私も、5,000フォロワーまでいったアカウントをいくつも潰されています・・・正直Twitterに依存するのは危険だ・・

と思ったくらいですが、普通に運用していれば特に問題は無い・・とも言い切れないのがTwitterの怖いところです・・・

 

次に、FacebookとInstagramは、似たような感じなので、一括りでお話させていただきますけど、Twitterに比べるとアカウント停止のリスクはかなり低いです。

ただし、短時間で友達申請を出しまくったり、メッセージを送りまくったりすると、警告を受けたり、一定時間は使えない・・

というペナルティを課される場合もありますので、要注意です。

 

それでも、

  • 何をしているか?
  • どれくらいの拡散力を持っているか?

は、プロフィールやヘッダー写真、そしていいね!の数を見て分かりますので、上手にインフルエンサーと繋がっていく事で、自分のブランディングを高める事に繋げられます。

 

とは言っても、SNSは基本はビジネスの場ではありませんし、ビジネスの勧誘を受けるのが嫌だという人も中にはいますので、関係を構築した上でなければ、見込み客に繋がらない可能性もあります。

そう考えると、ある程度はマーケティング思考がなければ、時間を浪費して終わり・・

という事になり兼ねないです。

 

それでも、無料で使えるSNSでたーくんの場合は、LINE@への誘導は70名弱の方が出来ていますので、コスパが良いと見ても良いかも??しれませんね。

 

続いて、SEO以外についてですが、前回の記事からさらにアクセス解析を今日までの分へ更新してみました。

アクセス解析のユニークアクセス数(緑)を確認頂きたいのですが、実は「意図的」に17、18、19日は更新をストップし、20日に一記事更新しました。

この意図的にというのは、アクセスを高めた状態で、キープどれくらいキープ出来るか?を見るためなんですけど、あともう一つは・・・「秘密」です(笑)

=と言いますか、ここがマネタイズするための極意でもありますので・・w

 

基本的にSEO以外のアクセスを集める方法は、記事の更新を止めると、アクセスが劇的に減ってしまいます。

これが「弱み」でもありますが、逆を言えば毎日更新できる人であれば、ある程度アクセスを保つ事が出来るという証明にもなります。

(実際、20日に更新しいた際に、300アクセス近くまで戻ってますしね。)

 

前回の記事でも紹介した通り、この手法ですが

検索エンジン(GoogleやYahoo)には一切頼らない。

ブログ立ち上げ、最短5日程度で200、300アクセスを獲得出来る。

という方法で、無料ブログでも有料のブログシステムでも、何でもOKというのが特徴です。

 

同じように立ち上げたブログが他に2つありますが、

それらのアクセス解析を見ると、

 

 

上のブログでは150前後のアクセス、下のブログでは50前後のアクセスが流入しています。

(=ブログ立ち上げ3日、4日後からアクセスが急増しているのがご覧頂けるかと思います。)

 

こちらのブログですが、両方とも最初に「読者設定=ペルソナ設定」を行っていて、

  • 何歳くらいの男性?女性?
  • どこにお住まいで
  • どんな生活(ライフスタイル)
  • 趣味や興味はどこにあるのか?

などを決める事で、その読者に合わせた情報発信、そして興味を持ちそうな商品をアフィリエイトしやすくしています。

 

この方法を使えば、短期間であなたの発信したい情報を、ペルソナ設定した読者に届ける事が出来ますので、コンテンツ次第では共感を得る事になり、短期的にブランディング、発信力を高める事に繋げる事も出来ます。

 

最後にSEOについて書きますけど、その前に結論は決まってしまいますが・・・(笑)

SNSを使ってやるよりもリスクは低く、そしてSNSよりも効果的にペルソナ読者に情報発信が出来るという点では、容易に短期間でブランディングしやすい手法だと言えます。

 

とここまで書いての最後にSEOですが・・・(笑)

結論、「素人には向いていない」ですし、不確実要素が多すぎて、オススメ出来ません。

 

一応、SEOでは「内的SEO」や「外的SEO」みたいマニュアルと言いますか、最低限やらなければならない事は決まってはいますけど、これをしても必ず評価される、というものではありません。

SEOって、ある意味可能性を高めるというだけであって、我々アフィリエイトでSEO対策をしても、必ずしも検索順位が上がるわけでもありません。

また、検索順位が上がっても、アクセスが増えるかどうかとは別問題ですし、検索順位が下がってしまえば、アクセスが急減する事もありますので、かなり不安定なのです。

 

その点を補うアクセスという事で、ボクがずっと提唱しているのが、「ロングテールアクセスを拾う」なんですけど、素人に説明するには途方もない時間がかかる(笑)

し、SEOに慣れてこないと、ロングテールという発想にも着眼する事は難しいでしょう。

 

さらに!

Googleは検索順位に対してもペナルティを課す事もあり、ペナルティを受けた場合は解除されるまで検索順位に大きな影響を与えます。

このようなリスクを考えた場合、SEOに依存した手法はとても危険ですし、過度に期待するのは危ない・・・と言わざる得ないので、特に素人の方にはオススメ出来ない手法です。

 

それでも、検索エンジンに評価されるブログを作り、将来的に安定したアクセスを集め続けるのは、アクセスの安定化には必要な事ですので・・・

将来的には、SEO以外の手法からSEOを意識した手法を取り入れて、さらにSNSからのアクセスも取り入れて、様々なアクセスを取れるようにして、リスクヘッジを図る事が望ましい・・・

と、ボクは考えていますので、様々なプラットホームのメリット・デメリットはしっかり理解しておいた方が良いかとは思います。

 

以上、長くなりましたが、

今回はボクの手がける手法を比較、その中で最適解は「SEO以外の手法」という事について、まとめましたので、参考になれば幸いです。

 

この点について、分かりにくい点や質問などがあれば、

遠慮なくLINE@からお問い合わせ下さいね♪ → お友だち登録はこちらからどうぞ、

 


ブログランキングにチャレンジ!

セミリタイア、心豊かな暮らしと充実のビジネススタイルを日々模索しています♪

共感頂ける方はポチッとお願いします♪

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 


【LINE@お友だち追加でもっと濃いノウハウお伝えします♪】

↓ ↓

友だち追加


コメントを残す